ビジネス

「THREE」を展開するアクロから18年秋新ブランド誕生

 ポーラ・オルビスグループで「THREE」を展開するアクロは2018年秋、新たなブランドを発売する。品格ある凛とした40~50代の女性へ向けて、上質な日本を背景とするラグジュアリーなナチュラルスキンケアを展開する。「研ぎ澄まされた感性で『時代の美』を創る」という同社の企業理念を体現すると共に、新たな顧客層の獲得および日本発のグローバルブランドとして、海外展開のさらなる強化につなげる。ブランド名、展開店舗などは未定で来年以降発表予定だ。

 新ブランドの販売チャネルは、百貨店、公式ECサイトを計画する。20年までに国内は20店規模の展開、海外は19年末にアジア圏を中心に展開を開始し、4~5年以内に欧米への進出も視野に入れる。同ブランドの海外売り上げ比率を30%(小売り金額ベース)まで引き上げることを目指し、同社の新たな軸となるグローバルブランドとして育成していく。

 新ブランドのテーマは「静かなる昂揚」で、誰もが憧れる涼しげに美しく生きる凛とした佇まいの女性像を理想に掲げ、製品作りでは科学・技術の力を結集させ「上質さの中の上質」を目指す。商品構成は、スキンケア、ボディーケア、ヘアケアなどで、スキンケアのアイテムは、洗顔、保湿、美容液などをラインアップする。価格帯は、8000~3万8000円、中心価格帯は1万5000~2万円を想定する。

 なお、「THREE」は09年に誕生。13年に海外展開を開始し、タイに進出。以降は14年に台湾、15年にインドネシア、16年にマレーシアと香港、17年に韓国とシンガポールに進出し、現在7つの国と地域で展開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら