ニュース

「トーガ」と鈴木親、“シンガポールの宝”テセウス・チャンによる一冊一冊異なる雑誌「ヴェルク」

 「トーガ(TOGA)」はブランド設立20周年を記念し、シンガポールのインディペンデント誌「ヴェルク(WERK)」とコラボした「TOGA-WERK No.25: ARCHIVES」を発売する。“シンガポールの宝”と称されるアートディレクターのテセウス・チャン(Theseus Chan)が手掛ける「ヴェルク」の最新号で、写真家の鈴木親がこれまで撮影してきた「トーガ」のショーやルック、ビジュアルなどを素材に手作りで製本することで、一冊一冊が異なった仕上がりに。誌面には菊地凛子や加瀬亮、安藤サクラ、KOHHら著名人も登場する。価格は1万1000円で、800部限定。「トーガ」原宿店、大阪店、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」が手掛けるブックストアのブックマーク(BOOKMARC)、代官山 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店で12月2日から先行販売する。

 発売を記念して、2日に古田泰子「トーガ」デザイナー、テセウス・チャン、鈴木親の3人によるレセプションパーティーとサイン会をブックマークで、8日にトークショーを代官山 蔦屋書店で予定している。また、2日から10日までブックマークで、25日まで代官山 蔦屋書店で「トーガ」と鈴木親による写真を展示。さらに、ブックマーク、代官山 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店では各店舗でのみ販売する限定Tシャツ(4000円)と3店舗共通のTシャツ(2500円)とキャップ(3900円)を取り扱う。

 テセウス・チャンは1961年シンガポール生まれ。シンガポールのナンヤン芸術学院を卒業後、97年に自身のデザイン・スタジオ「ワーク(WORK)」を設立。2000年から「ヴェルク」を出版し、実際に紙をバーナーで焼いたり穴を開けたりするなど、独創的なアイデアの製本方法で知られるように。さまざまなブランドやアーティストから引く手あまたで、15年に姉妹誌「わくわく(W _ _ K W _ _ K)」を「アンリアレイジ(ANREALAGE)」と写真家の奥山由之と発刊、16年には「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のDMを手掛けた。

◼︎レセプションパーティー&サイン会
日程:12月2日
時間:18:00〜20:00
場所:BOOKMARC
住所:東京都渋谷区神宮前3-26-14

◼︎トークショー
日程:12月8日
時間:19:30〜
場所:代官山 蔦屋書店
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5

◼︎写真展「『トーガ』 × 鈴木親」
日程:12月2〜10日
時間:11:00〜20:00
場所:BOOKMARC
住所:東京都渋谷区神宮前3-26-14

日程:12月2〜25日
時間:7:00〜26:00
場所:代官山 蔦屋書店
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5

◼︎フェア
日程:12月2〜15日
時間:11:00〜20:00
場所:銀座 蔦屋書店
住所:東京都中央区銀座6-10-1 ギンザ シックス6階