ファッション

「トーガ」がブランド設立20周年を祝し「バブアー」とコラボ

 「トーガ(TOGA)」は10月18日、オイルドジャケットで知られるイギリスのアウトドアブランド「バブアー(BARBOUR)」とのコラボアイテムを発売する。1997年のブランド設立20周年を記念した企画で、古着や既存の洋服を再構築した1点モノのライン「トーガ ピクタ(TOGA PICTA)」と、セカンドラインの「トーガ プルラ(TOGA PULLA)」がそれぞれコラボする。

 「トーガ ピクタ」とのコラボアイテムは、「バブアー」の定番ジャケット“ビデイル(BEDALE)”と、丸みのある襟が特徴の“ロック ワックスケープ(LOCK WAX CAPE)”がベース。重ね着したように2つのジャケットをドッキングしたり、大量のビンテージスーベニアバッチを取り付けたり、全て1点モノだ。価格帯は7万6000〜15万2000円で、「トーガ」原宿店と大阪店で販売する。

 「トーガ プルラ」も“ビデイル(BEDALE)”をベースに、背面にスーベニアジャケットを彷彿とさせる鷹や龍、花、両ブランドの拠点である“TOKYO”と“LONDON”の文字をプリント。ブラックとカーキの2色を用意し、価格は6万9000円。伊勢丹新宿本店3階に18日から24日までオープンする20周年記念ポップアップストア、ルクア大阪のトーガ ヴィ・エー ストア(TOGA V.A STORE)、銀座三越4階のスペース「4h of Ginza」でのみ取り扱う。

 イメージビジュアルは、フィルム写真をメインに活動するポーランド人写真家のルカシュ・ウィズボウスキー(Lukasz Wierzbowski)が撮り下ろした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。