フォーカス

H&M基金とパートナーの香港繊維アパレル研究所長が語るサステイナビリティ

 H&Mの創業家が設立した非営利団体H&Mファウンデーション(H&M FOUNDATION)と香港繊維アパレル研究開発センター(以下、HKRITA)は、「循環型アパレル・リサイクル・エコシステム・プログラム(Closed-Loop Apparel Recycling Eco-System Program)」の中で、混紡布地を科学的熱水処理で品質を保ちながら新しい布地や糸にリサイクルできる技術開発に成功し、実用化に向けた研究が続いている。これは、“服から服へ”という「100%循環型ファッション業界」の実現に向けた大きな前進だ。九龍湾が見渡せる香港の研究所の一室で、H&Mファウンデーションのエリック・バン(Erik Bang)=プロジェクト・マネジャーと、HKRITAのエドウィン・ケー(Edwin keh)最高経営責任者(CEO)に聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):繊維リサイクルの実現のためにHKRITAと4年間のパートナーシップを結び、580万ユーロ(約7億5000万円)を寄付してプロジェクトに取り組むことになった。HKRITAを選んだ理由は?

エリック・バンH&Mファウンデーション=ジェネラル・マネジャー (以下、エリックH&MF): 最初に着手したのは、テキスタイル(繊維製品)のリサイクルの問題を解決するための、リサーチプロジェクトの立ち上げでした。世界中でパートナーを探し続け、最適なパートナーであるHKRITAに出合うことができました。私たちは、テキスタイルのリサイクル問題を早急に、そして最大限の効果をもたらす方法で解決したいと思っていました。熱意や将来のビジョンに関してもお互いにマッチしています。

エドウィン・ケーHKRITA最高経営責任者(以下、エドウィンHKRITA):実は最初はH&Mファウンデーションではなく、H&Mとの取り組みから始まりました。小さな繊維染色のプロジェクトで、その流れでH&M ファウンデーションを紹介してもらいました。サステイナビリティは、私たちの研究開発においても重要なテーマです。業界において、透明性があり、さらにサステイナブルで環境に優しい方法を探したいと考えてきました。私たちのゴールは、研究で終わらせるだけでなく、開発した技術を実際にアパレル産業で活用できるようにすることです。H&Mはファッション業界に大きな影響を与えることができるスケールがあり、その観点でも最適なパートナーだと思います。

WWD:HKRITAはエキスパートの集まりで、業界に非常に精通していると思いますが、他の研究機関との違いや特徴を教えて下さい。

エドウィンHKRITA:私たちは応用研究機関です。私たちのミッションは、基礎レベルのリサーチをするのではなく、市場で活用できる技術を開発することです。特に香港は、テキスタイル業界の中でも中心的な場所で、断トツにグローバル化が進んでいます。世界中の人々とビジネスする機会に恵まれ、さらに、科学的な側面とビジネス的な側面、両方に取り組むことが可能です。

WWD:中国はもちろん、インドネシア、カンボジア、ミャンマーなどへとファッション生産地のグローバル化が進む中、香港の役割はどのように変わりましたか?

エドウィンHKRITA: 1970年代、香港はどの国よりも多く衣料品を生産していました。けれども、現在では一切生産していません。その代わりに香港を拠点にして、世界中の衣料品の製造を管理・経営をしたり、工場を所有しています。そういう意味では、世界中の衣料品の生産の20%は、香港が拠点となっています。さらに香港政府とファッション業界がタッグを組み、製造だけにとどまらず、クリエイティブなイノベーションを起こすことを目指しています。世界中からファッション産業に携わる人々が香港に集まっており、H&Mも大きな運営組織があります。