ファッション

25周年の「ロードゥ イッセイ」 “大海原の流木”に着想した新メンズフレグランス登場

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は10月4日、誕生25周年を迎えた「ロードゥ イッセイ」シリーズから、新メンズフレグランス「ロー マジュール ドゥイッセイ オードトワレ」を発売する。海の持つ“力強さ”をインスピレーション源に、アクアティックな清涼感と官能的なアンバーウッドがもたらす男性らしい香りを打ち出す。

 本作は、1994年に発売した「ロードゥ イッセイ プールオム オードトワレ」を、現代の若年層に向けて新たに解釈。シリーズの原点となる“水(ロー)”の崇高さを称えながら、男性の雄々しさをほうふつさせる“大海原を旅する流木”をコンセプトに掲げた。調香を手掛けたのは、共に“香水の都”グラース出身であるオーレリアン・ギシャール(Aurelien Guichard)調香師とファブリス・ペルグラン(Fabrice Pellegrin)調香師。ベルガモットとグレープフルーツの爽やかなアロマが漂うトップノートから、海の潮気を感じるアンバーグリス、カシュメランのアンバーウッドへとうつろい、水の持つエネルギッシュな力と、波に揉まれる荒々しさの余韻を与えるアクアティックノートに仕上げた。

 ボトルデザインは、アメリカ人デザイナーのトッド・ブラッチャー(Todd Bracher)が手掛け、荒々しい波によって磨き上げられたシーグラスをイメージ。淡いブルーグレーのジュースが際立つ透明なガラスボトルに、細かい溝を刻んだメタリックなキャップを組み合わせた。

 販路は、「イッセイ ミヤケ」直営店の他、三越日本橋本店、阪急メンズ東京、阪急メンズ大阪などの百貨店となり、11月からはブルーベル・ジャパンが手掛けるフレグランスショップでも販売を行う。

■イッセイミヤケ「ロー マジュール ドゥイッセイ オードトワレ」
発売日:10月4日
価格:(50mL)7700円、(100mL)1万500円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら