フォーカス

委員長オススメの「ヒルフィガー エディション」

 皆さん、こんにちは。「WWD JAP)AN.com」編集長のムラカミは今、2018年春夏メンズ・コレクションの取材に来ています。期間中は(なるべく)毎日、皆さんに、「もしかしたら来年買っちゃうかもしれない」私的オススメを日替わりでご紹介。仕事柄ラグジュアリーブランドとお付き合いさせていただいていますが、とはいえサラリーマンですから、ここで紹介するのは「10万円で買えるだろう」アイテムに限定します。さて、今日の私的オススメアイテムはな〜んだ⁉︎

 さて、ピッティ・イマージネ・ウオモ最終回の今日は、「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」のトップライン、「ヒルフィガー エディション(HILFIGER EDITION)」を紹介しましょう。このラインは2年前にスタート。ハッキリ言って毎回、超カワイイです。値段もジャケットで6万円台くらい、レザーもアンダー10万円と、確かにメーンラインに比べれば高いけれど、まだまだコンテンポラリーな価格帯。今シーズンは、プレッピーにスポーツウエアのムードを加え、パッチワークなどを多用し、キャッチーに仕上げています。

 「ヒルフィガー エディション」は正直、これまで日本ではほとんど取り扱いがありませんでした。これは、実はいろんなブランドで起こっている現象。「こんな派手な洋服は売れない」「高いから売れない」などの理由で、日本には「ショーで発表した、ネットで見せたスタイルが、1着も売られない」というブランドが、実は数多く存在します。

 でも、そんなんじゃいか〜〜ん!お客さんは少ないかもしれないけれど、「見せてるのに、買えない」ラインの存在は、ファンにとって単純に悲しいんです。そんな消費者としての素直な気持ちがモチベーションになり、ムラカミは現在、「コレクションライン日本導入委員会」会長を勝手に名乗り、地道な活動を繰り広げています(その話はまた、機会を改めてw)。「ヒルフィガー エディション」は、そんな委員長の気持ちを知ってくれたのか(笑)、18年春夏からの本格展開を模索しています。ハッピーなニュースです!