ファッション

アローズでもトラブル、ファッションECのシステム障害相次ぐ

 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」のサイトダウンに次いで、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)の公式ECサイトでも15日にシステム障害が発生した。現在は両サイトとも復旧しているが、ファッションECで昨日からシステム障害が相次いでいるようだ。

 ユナイテッドアローズによると、14日6時頃から注文が完了できない状態が続いた。同16時からシステムメンテナンスを行い、15日12時時点で修復が完了している。原因は明かされていない。ユナイテッドアローズは障害のお詫びとして、15~18日に商品を注文する会員に対して500ポイント進呈することを発表している。なお、ユナイテッドアローズの公式ECは商品の在庫管理や配送についてスタートトゥデイと連携をしているが、今回の障害との関係は不明。

 一方の「ゾゾタウン」については6月14日6時頃から15日8時30分頃までの約26時間、サービスの利用ができない状態が続いた。13日20時から14日時までに注文された日時指定の一部商品については発送が遅延しているという。「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイによると今回の障害がデータベース上のトラブルによるもので、外部からの攻撃やコンピュータウイルスによるものではないとしている。システム障害による個人情報の漏洩も生じていない。直近の年間商品取扱高が2120億円なので、単純計算で約6億円の売り上げが失われたことになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら