ファッション

「アレキサンダー・マックイーン」がパリでメンズショー復活

 「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」は2018年春夏メンズ・コレクションをパリで発表する。ショーはパリメンズ最終日の6月25日、19時30分(現地時間)に開催される予定だ。

 同ブランドではウィメンズをパリで発表するのに対し、メンズは16-17年秋冬シーズンを最後にロンドンでのショーを休止した後は、ロンドンのスタジオ、もしくはミラノの本社ショールームでプレゼンテーション形式でコレクションを披露していた。

 メンズはオンスケジュールでのショー開催により、ウィメンズと同等の扱いになる。16年に就任したエマニュエル・ギンヅブルジェ(Emmanuel Gintzburger)最高経営責任者の下、同ブランドはグローバルでの販路拡大や既存事業の成長に向けてまい進中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら