ファッション

「アレキサンダー・マックイーン」がパリでメンズショー復活

 「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」は2018年春夏メンズ・コレクションをパリで発表する。ショーはパリメンズ最終日の6月25日、19時30分(現地時間)に開催される予定だ。

 同ブランドではウィメンズをパリで発表するのに対し、メンズは16-17年秋冬シーズンを最後にロンドンでのショーを休止した後は、ロンドンのスタジオ、もしくはミラノの本社ショールームでプレゼンテーション形式でコレクションを披露していた。

 メンズはオンスケジュールでのショー開催により、ウィメンズと同等の扱いになる。16年に就任したエマニュエル・ギンヅブルジェ(Emmanuel Gintzburger)最高経営責任者の下、同ブランドはグローバルでの販路拡大や既存事業の成長に向けてまい進中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら