ビジネス

「アグ」を売却!? 親会社デッカーズ戦略見直し

 デッカーズ アウトドア コーポレーション(DECKERS OUTDOOR CORP.)が、ブランド売却も含め、「アグ(UGG)」の経営戦略について見直しを進めている。「テバ(TEVA)」や「サヌーク(SANUK)」などを擁する同社は声明で、ブランドの売却も含め、さまざまな選択肢を検討中とのコメントを発表。ただし、ブランドを手離さないという選択肢を選ぶこともあると続ける。

 「アグ」は同社にとって、売り上げの83%を担う基幹ブランド。同社は直近、業界筋の予測を下回る売上および収益の決算を発表していた。また同社の株式をめぐっては2月、ヘッジファンドのマルカート・キャピタル・マネージメント(MARCATO CAPITAL MANAGEMENT)が6%の株を取得し、会社に戦略見直しなどを求めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら