ビジネス

「アグ」を売却!? 親会社デッカーズ戦略見直し

 デッカーズ アウトドア コーポレーション(DECKERS OUTDOOR CORP.)が、ブランド売却も含め、「アグ(UGG)」の経営戦略について見直しを進めている。「テバ(TEVA)」や「サヌーク(SANUK)」などを擁する同社は声明で、ブランドの売却も含め、さまざまな選択肢を検討中とのコメントを発表。ただし、ブランドを手離さないという選択肢を選ぶこともあると続ける。

 「アグ」は同社にとって、売り上げの83%を担う基幹ブランド。同社は直近、業界筋の予測を下回る売上および収益の決算を発表していた。また同社の株式をめぐっては2月、ヘッジファンドのマルカート・キャピタル・マネージメント(MARCATO CAPITAL MANAGEMENT)が6%の株を取得し、会社に戦略見直しなどを求めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら