ビジネス

「アグ」を売却!? 親会社デッカーズ戦略見直し

 デッカーズ アウトドア コーポレーション(DECKERS OUTDOOR CORP.)が、ブランド売却も含め、「アグ(UGG)」の経営戦略について見直しを進めている。「テバ(TEVA)」や「サヌーク(SANUK)」などを擁する同社は声明で、ブランドの売却も含め、さまざまな選択肢を検討中とのコメントを発表。ただし、ブランドを手離さないという選択肢を選ぶこともあると続ける。

 「アグ」は同社にとって、売り上げの83%を担う基幹ブランド。同社は直近、業界筋の予測を下回る売上および収益の決算を発表していた。また同社の株式をめぐっては2月、ヘッジファンドのマルカート・キャピタル・マネージメント(MARCATO CAPITAL MANAGEMENT)が6%の株を取得し、会社に戦略見直しなどを求めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら