ファッション

「バリー」も売却⁉︎ 親会社ラグジュアリーから撤退の意向

 「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」の売却を検討中とされるJABホールディング(JAB HOLDING)は、同じく傘下の「バリー(BALLY)」も手放すことを考えているようだ。同社は「バリー」についても、「戦略を練り直している」ことを認めた。ファッションやラグジュアリー・ビジネスから退き、一般消費財やコティ(COTY)から買い取ったビューティ事業に注力する方針のようだ。「バリー」の戦略見直しについては、本年度の上半期にも終了したい考え。「ジミー チュウ」同様、バンクオブアメリカ・メリルリンチやシティバンクグループと手を組み、戦略再考と売却先探しを進める。

 同社は2008年から「バリー」に投資を続けてきた。だが一方で「コーヒー事業への出資は、それをはるかに上回っている。結果、ラグジュアリーブランドは、我々の基幹事業ではなくなった」と続ける。

 シューズブランドとしてスタートした「バリー」は近年、ハンドバッグ、革小物、アイウエア、アクセサリー、そしてプレタポルテとカテゴリーを拡大してきた。ブランドは現在、売り上げの半分をバッグを含むアクセサリーで、45%をシューズで、残り5%をウエアで稼いでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら