ファッション

ラルフ・ローレンがEXILE AKIRAを“和製ジョニー・デップ”と絶賛

 「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」はこのほど、ブランドのアンバサダーにアジア人として初めてEXILEのAKIRAを起用した。AKIRAは今後、公の場で「ラルフ ローレン」を着用するが、これまでも2014年発売の写真集「AKIRA LA」や雑誌、舞台挨拶などで着用していた他、プライベートでも同ブランドを愛用していた。

 2月15日(現地時間)に開催された「ラルフ ローレン コレクション(RALPH LAUREN COLLECTION)」17年春夏ニューヨーク・コレクションではAKIRAが創業者のラルフ・ローレン(Ralph Lauren)と対面。ラルフは「AKIRAはまるで和製ジョニー・デップだ」と、そのスタイルを絶賛した。

 AKIRAは就任にあたって「自分が中学生の頃からずっと愛用している『ラルフ ローレン』で名誉ある経験をできることを嬉しく思うとともに、身の引き締まる思いでもある。今後の活動を通じて、ラルフ・ローレン氏の思想や美学をファッションという括りを通り越して伝えていきたい」と意気込みを語った。

【関連記事】
■資生堂「アネッサ」の新ミューズに森星を起用
■東コレ17-18年秋冬のキービジュアルが公開 モデルは新進気鋭の18歳
■萬波ユカがアツギの新ミューズに就任
■スティーブ・アオキやPKCZ(R)がDJを披露! 「ディム マック」のシークレットイベント

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら