ファッション

「ビクトリノックス」がアパレルを終了

 アーミーナイフが有名なスイスブランド「ビクトリノックス(VICTORINOX)」は、2017年末にアパレルラインを終了する予定だ。今後は刃物類やトラベル用具、ウオッチなど、得意とするカテゴリーに注力する。グローバルでは17年春夏がラストコレクションになるが、日本のみ17年秋コレクションを生産し、最後になる。

 カール・エルセナー(Carl Elsener)=ビクトリノックス グループ最高経営責任者は「10年以上にわたり手掛けてきたアパレルビジネスは、ブランドにとって有意義なものだった。しかし、今は変化し続けるグローバルマーケットの中で確たるポジションを確立することが最優先事項。そのためには、キーカテゴリーに注力し、顧客のニーズに応えることが大事と考える」とコメントした。

 「ビクトリノックス」は13年にロンドンデザイナーのクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)をアーティスティック・ディレクターに起用し、認知度の向上を図った。アパレルラインは、アメリカ、イギリス、日本が主な市場だった。

【関連記事】
■クリストファー・レイバーン、「ビクトリノックス」のアーティスティック・ディレクターに就任
■コム デ ギャルソンが「ガンリュウ」を終了
■ヒューゴ ボスが「ボス オレンジ」「ボス グリーン」終了 価格調整も計画
■「セルジオ・ロッシ」がメンズラインを一時休止

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら