ファッション

「ビクトリノックス」がアパレルを終了

 アーミーナイフが有名なスイスブランド「ビクトリノックス(VICTORINOX)」は、2017年末にアパレルラインを終了する予定だ。今後は刃物類やトラベル用具、ウオッチなど、得意とするカテゴリーに注力する。グローバルでは17年春夏がラストコレクションになるが、日本のみ17年秋コレクションを生産し、最後になる。

 カール・エルセナー(Carl Elsener)=ビクトリノックス グループ最高経営責任者は「10年以上にわたり手掛けてきたアパレルビジネスは、ブランドにとって有意義なものだった。しかし、今は変化し続けるグローバルマーケットの中で確たるポジションを確立することが最優先事項。そのためには、キーカテゴリーに注力し、顧客のニーズに応えることが大事と考える」とコメントした。

 「ビクトリノックス」は13年にロンドンデザイナーのクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)をアーティスティック・ディレクターに起用し、認知度の向上を図った。アパレルラインは、アメリカ、イギリス、日本が主な市場だった。

【関連記事】
■クリストファー・レイバーン、「ビクトリノックス」のアーティスティック・ディレクターに就任
■コム デ ギャルソンが「ガンリュウ」を終了
■ヒューゴ ボスが「ボス オレンジ」「ボス グリーン」終了 価格調整も計画
■「セルジオ・ロッシ」がメンズラインを一時休止

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら