ファッション

クリストファー・レイバーン、「ビクトリノックス」のアーティスティック・ディレクターに就任

 アーミーナイフで有名なスイスブランド「ビクトリノックス」は、ロンドンを拠点に活動するデザイナー、クリストファー・レイバーンをファッション部門のアーティスティック・ディレクターに起用した。レイバーンは今後、デザインのアイデアやインスピレーションの提案を行ない、ニューヨークを拠点にする同ブランドのデザインチームと協力して、ブランドの認知度と業績向上を目指す。「『ビクトリノックス』のファッションを次のレベルへと押し上げる素晴らしい機会だ。僕の審美眼や経験を『ビクトリノックス』のコレクションに持ち込むことを楽しみにしている」とレイバーン。

 レイバーンは、2011年秋シーズンに初めて同ブランドとコラボレーションしたカプセルコレクション「Remade in Switzerland」を発表。その後も、同ブランドの「Protect」ラインでカプセルコレクションを展開してきた。なお、今後も自身のブランド「クリストファー・レイバーン」は継続する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら