ファッション

「ヴェトモン」などと「イーストパック」がチャリティコラボ

 「イーストパック(EASTPAK)」は、さまざまなデザイナーとコラボするチャリティープロジェクト「イーストパック アーティスト スタジオ」で11人のデザイナーとのコラボ商品の詳細を発表した。主な参加ブランドは、「ヴェトモン(VETEMENTS)」や「ケンゾー(KENZO)」「ジャックムス(JACQUEMUS)」など。12月1日にオンラインでオークションを開始する。

 また、今年からは新たにワイルドカードプロジェクトを始めた。一般人からデザイン画を募集し、その中から3人を選出。インターネット投票を実施し、優勝者を決定した。優勝したゼバ・サフダール(Zeba Safdar)は、11人のデザイナーと共にオリジナルのバックパックを制作。「適応」と「カモフラージュ」に着想を得た作品は、PVCシェルを使用し、手編みや手縫いの技術を使った。優勝したゼバは、イギリスのバッキンガムシャー・ニュー大学に通う学生だ。

 「アーティスト スタジオ」は、2012年にスタート。アイコンバッグの“パデッド パッカー(PADDED PAK'R)”をベースに、デザイナーとコラボして世界にひとつだけのバッグパックを作成。オークション形式で販売し、全ての売り上げをDAA(Designes Against AIDS)に寄付する。

【参加ブランド一覧】
「ケンゾー」「ヴェトモン」「クリストファー レイバーン(CHRISTOPHER RAEBURN)」「ニコパンダ(NICOPANDA)」「アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI ALEXANDRE MATTIUSSI)」「ワンダ ナイロン(WANDA NYLON)」「ハウス オブ ホランド(HOUSE OF HOLLAND)」「ジャックムス(JACQUEMUS)」「ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)」「アレクサンドル・ヴォチエ(ALEXANDRE VAUTHIER)」「イナン(INAN)」

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら