ファッション

「カルヴェン」が元「ディオール」のデザイナーを起用か

 業界筋によると、「カルヴェン(CARVEN)」は新アーティスティック・ディレクターにスイス人デザイナーのセルジュ・ルフィユー(Serge Ruffieux)を起用するようだ。2016年10月に退任したアレクシス・マーシャル(Alexis Martial)とアドリアン・カヨド(Adrien Caillaudaud)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターの後任だ。ルフィユーは「ディオール(DIOR)」でラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターの退任後、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)新アーティスティック・ディレクターが就任するまで暫定的にルーシー・マイヤー(Lucie Meier)と共にデザインチームのヘッドを務めていた。なお、「カルヴェン」は数週間以内に新アーティスティック・ディレクターを正式に発表するようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら