ビジネス

キャロリーナ ヘレラがオスカー デ ラ レンタを提訴

 キャロリーナ ヘレラ(CAROLINA HERRERA)は、競合禁止契約を結んでいたデザイナーを採用したとしてオスカー デ ラ レンタ(OSCAR DE LA RENTA 以下、デ ラ レンタ)にローラ・キム(Laura Kim)「モンス(MONSE)」デザイナーのクリエイティブ・ディレクター就任の撤回を求める訴えをニューヨーク州の最高裁判所に提訴した。デ ラ レンタはコメントを控えている。キムは「モンス」を共に手掛けるフェルナンド・ガルシア(Fernando Garcia)と共に9月に「デ ラ レンタ」の新クリエイティブ・ディレクターに任命されていた。

 訴えによると、フランソワ・クレス(Francois Kress)=キャロリーナ ヘレラ最高経営責任者は16年7月、キムにシニア バイス プレジデント オブ デザインのポジションを年捧100万ドル(約1億7000万円)でオファー。しかし、キムは誘いを断り、9月に「デ ラ レンタ」のクリエイティブ・ディレクターに任命された。デザイナーのデ・ラ・レンタとヘレラは親しい友人だったが、ビジネスとしてはお互いライバルブランドだった。一方、キムは宣誓供述書で、ヘレラが度々キムとガルシアのデザインを変更したり、暴言を吐いていた主張。また、ヘレラはキムのみを「CH キャロリーナ ヘレラ」のクリエイティブ・ディレクターとして起用する計画だったり、「モンス」の支援を拒否。これが主因でキムはキャロリーナ ヘレラを離れたようだ。また、ヘレラ自身はキムとガルシアの退任について知らされていなかったよう。

 キャロリーナ ヘレラは「裁判所が保全命令を出したことに満足している。明確な競合禁止契約を締結し、われわれはそれを守ってきた」と発表した。キムは12年間デ・ラ・レンタの元で働き、最終的にデザイン・ディレクターに昇格。その後2015年10月にコンサルタントとしてキャロリーナ ヘレラに入社した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら