ビジネス

LVMHが香水ブランド「メゾン フランシス クルジャン」を買収か

 業界筋によると、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENESSEY LOUIS VUITTON)は仏フレグランスブランド「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」を買収するようだ。両社からコメントは得られていない。

 「メゾン フランシス クルジャン」は2009年に調香師のフランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)とマーク・チャヤ(Marc Chaya)が設立した。パリのブティックは、25アイテムから“フレグランス・ワードローブ”という考えのもと製品を拡充し、現在はオードトワレから洗剤、ボディクリーム、香り付きのシャボン玉まで、幅広くそろえる。各アイテムは、24時間、生活のあらゆるシーンを香り付ける役割を果たす。

 同社の昨年の小売売上高は前年比40%増の約2500万ドル(約26億円)だった。現在直営店はパリに2店舗、台湾に3店舗、マレーシアに1店舗、ドバイに1店舗。その他世界30カ国・400以上のブティックで取り扱われており、日本ではブルーベル・ジャパンが輸入し、伊勢丹新宿店や三越銀座店、東京ミッドタウンなどで販売している。

 LVMHはケンドー部門を通して近年ニッチなビューティブランドの買収や育成を進めている。同部門はセフォラで販売する新商品やブランドのインキュベーターの役割を担う。今春にはリアーナとメイクアップのライセンス契約を結んだ。その他同社は「クリスチャン ディオール(CHRISTIAN DIOR)」「ゲラン(GUERLAIN)」「アクア・ディ・パルマ(ACQUA DI PARMA)」「ウラ ヘンリクセン(OLE HENRIKSEN)」などのビューティブランドを擁している。

訳・北坂映梨

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら