ファッション

アジオカが「バルマン」とライセンス契約 革小物を販売

 レザーグッズメーカーのアジオカは、パリコレブランド「バルマン(BALMAIN)」と日本市場における革小物のライセンス契約を結んだ。2017年3月から全国主要百貨店の婦人財布売り場での販売を始める。

 ファーストシーズンは、ラウンドファスナー型とフラップ型の長財布をはじめ、二つ折り財布、カードケース、ポーチ、iPhone7ケースなど6シリーズ計19型をそろえる。素材には牛革と羊革を使用。「バルマン」のプレタポルテをほうふつとさせるゴールドのメタル使いやタッセル、ナポレオンジャケットのディテールなどを落とし込んだデザインが特徴だ。価格帯は1万2000~3万5000万円。今後もコレクションのシーズンテーマを反映したアイテムを開発していく。

 味岡将平・社長は「最近は特にオリジナルブランドに注力していたが、ライセンス商品を手掛けられるコレクションブランドは常に探していた。『バルマン』は、『ケンゾー』や『アンテプリマ』などアジオカの既存のライセンスブランドとは全く立ち位置が異なるブランド。人とは違うモノを求める方に支持されていて、強い個性がある。ブランドの本来の価値である豪華さや贅沢さを、品を保ちつつ、いかに日本市場に合わせて落とし込むかがカギになる。また、ラグジュアリーなモノづくりを追求するブランドとの仕事は、われわれにとっても学ぶことが多い」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら