ファッション

ステファノ・ピラーティがゼニアを去る

ステファノ・ピラーティ「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」ヘッド・デザイナーがエルメネジルド ゼニアを去る。ピラーティはジルド・ゼニア最高経営責任者(CEO)と話し合った結果、このような結論に至った。私が担うべきミッションは成し遂げた」とコメント。1月に発表した2016-17年秋冬コレクションが最後のコレクションとなった。

ピラーティは2012年3月に「イヴ・サンローラン(現「サンローラン」)」のクリエイティブ・ディレクターを退任した後、13年1月に「エルメネジルド ゼニア」のヘッド・デザイナーおよび「アニオナ」のクリエイティブ・ディレクターに就任。「エルメネジルド ゼニア クチュール」や「アニオナ」のクルーズラインも手掛けていたが、15年7月に「アニオナ」のクリエイティブ・ディレクターを退任していた。

関係筋によると、「ベルルッティ」のアーティスティック・ディレクターを退任したばかりのアレッサンドロ・サルトリがゼニアグループに戻るのでないかとの噂がある。

【関連記事】
ステファノ・ピラーティが「エルメネジルド ゼニア」を去る?

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら