ファッション

「ムルーア」渋谷109店がオープン マルイジャムから移転し、エイジレスな客層に向けたコンセプトストアに

 マークスタイラーが手掛ける「ムルーア(MURUA)」は3月7日、渋谷109店を5階にオープンする。同店は2月24日に閉店したマルイジャム渋谷店からの移転になり、渋谷109を訪れる幅広いターゲット層や「ムルーア」が新しく掲げるエイジレスに生きる20代女性に向けたコンセプトストアになる。既存店とは違い、広々とした店内は黒ではなく、白を基調にしている。天井から伸びるハンガーラックなどの什器は同じ細さの黒いトリムで描いたり、レジカウンターなどの棚は木彫のデザインを使ったり、シンプルでモダンな空間にコントラストをプラスする。また中央には、初の試みとして、セレクトした生活雑貨も販売する。

 荻原桃子クリエイティブ・ディレクターは、「昔はよく通っていた渋谷109だが、今は20〜30代の客層や海外からの観光客も多く、より今提案したい『ムルーア』の世界観を改めて理解してくれるのではないかと思う。渋谷の新たな地で、『ムルーア』を発信していきたい」と話す。

 オープンの7日は、"109"個限定の2色トートバッグを各"109"円で販売する。それぞれには、荻原クリエイティブ・ディレクターが自ら、シリアルナンバーをペイント。当日は、彼女も一日来店するという。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら