ファッション
特集 メンズ・コレクション2025年春夏

「ルイ・ヴィトン」メンズ新作100点超を一挙紹介 拡大して見てほしい精巧さと美しさで“世界はあなたのもの”

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は2025年春夏メンズ・コレクションを、現地時間6月18日にパリで発表した。“世界はあなたのもの(LE MONDE EST A VOUS)”と題したコレクションを、世界各国の国旗がそびえ立つユネスコ本部の屋外スペースで披露した。

コレクションは、オールブラックから徐々に色調が変化するグラデーションで構成した。複数登場した新作バッグは、ルックとリンクして黒から原色まで色彩豊か。ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)=メンズ・クリエイティブ・ディレクター による「ルイ ヴィトン」のアイコンとなっている"スピーディ"にはダミエの新色と、ペールトーンの新色が加わり、あえてクタッと形を崩すスタイルで持つよう提案する。“アルマ(Alma)”“クリストファー(Christopher)”“ネヴァーフル(Never full)”といったメゾンの伝統的なアイコンバッグは、通常用いるキャンバスツイルからしなやかなソフトレザーに代わり、わずかにサイズが大きくなったモノグラムでアップデート。

スポーツから着想を得たフットウエアも登場した。モーターサイクルブーツや“LV”ロゴを模ったスパイク風スニーカーなど、今季のキーワードの一つである“団結”を象徴するデザインだ。手刺しゅうによる総ビーズの装飾に加え、エキゾチックレザーのバリエーションが広がり、数量限定で生産する最高級ラインを拡張した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。