ファッション

「ルイ・ヴィトン」が広告キャンペーンにフェデラーとナダルを起用 イタリアの雪山をバックに

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、コア・バリュー広告キャンペーンに、テニス選手のロジャー・フェデラー(Roger Federer)とラファエル・ナダル(Rafael Nadal)を起用した。

同キャンペーンは、“語り継がれる旅がある。ドロミテ、イタリア。”をキャッチコピーとし、共にモノグラムを配したバックパックを背負い、イタリアのドロミテ山脈を登る両氏を、フォトグラファーのアニー・リボヴィッツ(Annie Leibovitz)が撮影した。

ナダルはキャンペーンについて、「これまでどれだけ多くのアイコン的な人物がこの広告キャンペーンに登場してきたかを知っている。だからこそそこに参加すること、特にロジャーと一緒というのは個人的にとても誇りに思う。彼は私にとって最大のライバルであり続けながらも、今では親友だからだ。キャリアにおいて夢見た以上のことを成し遂げた私からすれば、結局のところ、人間というレガシーにこそ最も大切な価値がある」とコメント。

またフェデラーは、「ラファと一緒にこの広告キャンペーンに登場することは、唯一無二の機会。あれほどのライバル同士だった私たちが、キャリアの最後にこの広告キャンペーンで共演するなんて、とてもクールだ。そして私たちが今いる山々の頂上という場所が、すべてを表している。私たちにとっては意味深く、特別なもの」と述べている。

ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)「ルイ・ヴィトン」会長兼最高経営責任者(CEO)は両氏の起用について、「アントワン・アルノー(Antoine Arnault)と共に最初のコア・バリュー広告キャンペーンを立ち上げてから17年になるが、このアイコニックなシリーズを復活させることができて光栄だ。コア・バリュー広告キャンペーンの各章は、旅や類い稀な人々とのコラボレーション、伝承といった物理的かつ精神的な『ルイ・ヴィトン』のレガシーを讃えるもの。ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルという、インスピレーション溢れるアスリートかつ戦友、そしてそのスポーツ人生において鍛錬と卓越性を証明した2 人とこの新たなストーリーに携われたのは実に素晴らしいこと」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。