ビジネス

「Y/プロジェクト」の共同設立者が死去 享年58

Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」の共同設立者、ジャイルズ・エレイルフ(Gilles Elalouf)が6月9日に死去した。58歳だった。長年、闘病生活を送っていたという。

同氏は、コンサルティング会社ボストン コンサルティング グループ(BOSTON CONSULTING GROUP)でキャリアをスタート。その後、パリを拠点とする広告代理店ピュブリシス・グループ(PUBLICIS GROUPE)に移り、10年以上にわたってさまざまな要職を務めた。2010年に、デザイナーの故ヨハン・セルファティ(Yohan Serfaty)と共に「Y/プロジェクト」を設立。13年にセルファティ=デザイナーが死去したことに伴い、そのファーストアシスタントを務めていたグレン・マーティンス(Glenn Martens)をクリエイティブ・ディレクターに任命した。なお、故エレイルフ共同設立者は、医薬品のプロモーションを行うスタートアップなどを立ち上げているほか、フランス・オートクチュール&モード連盟(Federation de la Haute Couture et de la Mode以下、FHCM)やパリ・ファッション・ウイーク関連の業務にも携わっていた。

グレン・マーティンスやCEOが追悼

マーティンス=クリエイティブ・ディレクターは、自身のインスタグラムに、「メルシー、ジャイルズ。私を信じてくれて。共に魔法を作り出してくれて。10年にわたる最高の冒険をさせてくれて。永遠に寂しく思うよ、愛している」とコメントを投稿した。

同ブランドのパスカル・コンテ・ジョドラ(Pascal Conte-Jodra)最高経営責任者は、「ジャイルズは素晴らしい人物で、『Y/プロジェクト』をはじめとする仕事に献身的に打ち込んでいた。親しみやすく思いやり深かった彼の存在は、私たちの心の中にずっと残るだろう」と語った。

FHCMのパスカル・モラン(Pascal Morand)=エグゼクティブ・プレジデントは、「ジャイルズは、そのキャリアとエネルギーをファッションおよびクリエイティビティーに捧げた、素晴らしい起業家だった。優れた直感と論理的なマインドを持ち、若い才能を見出して育成することに長けていた」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。