ビューティ
連載 ビジネスリポート

レビュー機能実装の「ゾゾコスメ」 データ活用と季節ニーズ対応でアプローチを強化(2023年下半期)

有料会員限定記事

ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」のビューティ専門モール「ゾゾコスメ(ZOZOCOSME)」は、サービス開始から3年目を迎える。2023年3月期で商品取扱高90億円にまで成長し、24年3月期は100億円の大台が見えているという。700ブランド以上を扱う「ゾゾコスメ」の商況について、ZOZOの東奈里香ブランド営業本部 ブランド営業一部 ディレクターと木暮彩子 カテゴリ推進部 コスメブロック ブロック長に好調ブランドやヒット施策を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月26日号会員限定特別付録「ビジネスリポート 2023年下半期」からの抜粋です)

WWD:2023年下半期の商況は?

東:イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」(以下YSL)や「RMK」「プラダ ビューティ(PRADA BEAUTY)」といった大手ブランドの取り扱いも増え、着実にラインアップの拡充ができている。もともと多くのファンがついているブランドのため、「ゾゾコスメ」ユーザーとのマッチングも良く客数は増加。サービス開始から3年目を迎えるが、毎月新客が獲得できているほか、リピート客も全体の3割を占めるようになっている。

ファッションEC内にあるからこそ売れるモノ

WWD:好調だったカテゴリーやブランドは?

東:各ブランドからホリデーコレクションが登場するタイミングに合わせて、ホリデーギフトの企画をスタート。クリスマスコフレの好調ブランドは「ディオール(DIOR)」「ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)」「メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)」などで、例年に比べてギフトラッピング需要が高まっていると感じた。また、「ゾゾコスメ」の売上構成比はメイクが最も高いが、12月に関してはフレグランスが高く伸長。引き続き、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA FRAGRANCES)」「ディオール」「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」が特に人気だった。ファッションEC内にあるため、外出時に“身にまとうファッションアイテム”としてフレグランスをつける人が多いのだろう。

この続きを読むには…
残り973⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。