ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

CS調査「ウカイゼン」で顧客の声に耳を傾ける

有料会員限定記事

ビューティ賢者が最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、美容が持つ力とサステナビリティの話。(この記事は「WWDJAPAN」2024年5月27日号からの抜粋です)

PROFILE: 渡邉弘幸/ウカ代表取締役CEO

渡邉弘幸/ウカ代表取締役CEO
PROFILE: (わたなべ・ひろゆき):東京都出身。明治大学卒業後、博報堂に入社。2009年の退社後、夫人でありネイリストとして活躍する渡邉季穂(わたなべ・きほ)の祖父が創業した向原(現・ウカ)に取締役副社長として入社。美容室「エクセル」からトータルビューティサロン「ウカ」へのリブランディングのほか、教育機関「ウカデミー」、オリジナルプロダクト・サロンメニューの開発を担うR&D、「ウカフェ」の立ち上げ、海外展開にも尽力。14年から現職

【賢者が選んだ注目ニュース】

MEGUMIさんの前作「キレイはこれでつくれます」を読んだとき、“体験した1000以上もの美容法から本当に効果を実感したものを厳選した”というのは決して宣伝文句ではないと分かり、あまりの経験値に圧倒された。芸能人としての壮絶な体験をトラウマにせず、美容に取り組んだリアルさに心を打たれ、全社員分を購入して共有したほどだった。そんな影響力のある書籍の第2弾として、当然「心に効く美容」も手に取った。どの章も興味深いが、特に4章・5章のクライマックスに近づくにつれて、彼女は心にもさまざまな対処をする。

僕自身が実践していることにも近く、美容を仕事にする人にとって非常に分かりやすく、共感できるだろう。また経営者でもある彼女は、壁にぶつかるとカウンセラーを活用するという。これも僕との共通点だった。特に50・60代のメンタルの不調は“ミッドライフ・クライシス(中年の危機)”ともいわれ、社会的に大きなテーマになっている。書籍では女性らしく前向きに生きることをミッションにしているが、性別関係なく彼女の心との向き合い方は参考になるはずだ。

この続きを読むには…
残り1465⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。