ビューティ
特集 ビジネスリポート 2023年上半期

「ゾゾコスメ」は引き続き2ケタ成長 ファッション客による合わせ買いが大きな強み(2023年上半期)

有料会員限定記事

ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」のビューティ専門モール「ゾゾコスメ(ZOZOCOSME)」は、サービス開始から約2年半を迎え、現在700ブランド以上を取り扱うまでに成長している。5月には新型コロナウイルスが5類に移行して“脱マスク”も進み、「ゾゾコスメ」の強みであるメイクアップカテゴリーがさらに売り上げを伸ばしている。そんな「ゾゾコスメ」の1〜6月の商況について、ZOZOの平井勝ブランド営業本部 ブランド営業一部 ディレクターと豊田慶EC推進本部 カテゴリ推進部 コスメブロック ブロック長に話を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」8月28日号付録「ビジネスリポート2023年上半期」からの抜粋です)

WWD:2023年上半期の商況は?

平井:コロナによる行動制限が緩和され、消費動向も変化。旅行を含め外出の機会が増加し、リップなどメイクアイテムやフレグランスが堅調に伸びている。目標とする予算は高い設定だったため達成は厳しかったが、23年上半期も引き続き2ケタ成長となり合格点といえるだろう。顧客も取り扱いブランド数も増えている一方で、客単価は下がっている。だからといって高価格帯のコスメが売れていないわけではない。より買い求めやすいコスメに目移りしている印象で、そんなライトユーザーが増加している。

WWD :上半期も2ケタ成長の要因は?

平井:メイクやフレグランスカテゴリーの好調に加え、気温が高くなるにつれ日焼け対策としてUVアイテムも伸びている。さらに、「リファ(REFA)」をはじめとするヘアブラシやヘアアイロンといった美容機器カテゴリーは大きく伸長。単価も高く、今後も期待できるカテゴリーだ。

WWD:特に好調なブランドは?

平井:「ゾゾコスメ」の売り上げ構成比はメイクが最も高いが、伸長率でいうとスキンケアやフレグランスが高い。ブランドではスキンケアは“BA”が人気の「ポーラ(POLA)」や「オルビス(ORBIS)」「イソップ(AESOP)」など。フレグランスは「メゾン マルジェラ フレグランス(MAISON MARGIELA FRAGRANCES)」が引き続き人気。メイクはリキッドタイプのリップ“ロックド キス インク リップカラー”が好調な「マック(M・A・C)」のほか、「ディオール(DIOR)」は強みであるブランド力が若年層に支持され、売り上げに貢献している。また、「ブイティーコスメティックス(VT COSMETICS)」のフェイスマスクや、昨年10月にオープンした「ティルティル(TIRTIR)」のベースメイクも人気で、韓国コスメは若年層と相性が良く売り上げにつながっている。

この続きを読むには…
残り1318⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。