ビジネス

アシックス、メタスピードの最新シューズ披露 さらに軽く

アシックスは28日、トップ選手向けの新しいランニングシューズ“メタスピード スカイパリス(METASPEED SKY PARIS)”“メタスピード エッジパリス(METASPEED EDGE PARIS)”の発表会を東京の有明アリーナで開いた。世界市場での戦略モデルに位置付け、最先端の技術を搭載した。3月3日に開催される東京マラソンでヴィンセント・キプケモイ選手らが着用する。一般客へは同社オンラインサイトで11日から、同社直営店で21日から販売する。

ランナーの走り方に合わせて、スライド型のランナーに、ピッチ型のランナーに“エッジパリス”を開発した。同社独自のクッションフォーム材「エフエフターボプラス」をミッドソールに搭載。メタスピードの前モデルのクッションフォーム材に比べて、約8.0%軽く、反発性を約8.2%、クッション性を約6.0%向上させた。靴全体の重さも“スカイパリス”で約20グラム、“エッジパリス”で約25グラム軽量化した。価格は両モデルともに2万7500円。

東京マラソンに合わせて29日から3月2日まで有明の東京ビックサイトで行われる「東京マラソンEXPO」でも試し履きイベントを実施する。

アシックスは2021年に社長直轄組織「Cプロジェクト」を発足させ、トップ選手向けの厚底シューズであるメタスピードのシリーズを世界で販売している。日本・米国・欧州の3市場でトップシェア奪還を目指すプロジェクトだ。メタスピードによって正月の箱根駅伝におけるシェアは、22年11.4%、23年15.2%、24年24.8%と上昇した。また1月28日の大阪国際女子マラソンでは、メタスピード履いた前田穂南選手が19年ぶりに日本最高記録を更新し、話題になっていた。今回の新モデルの開発にあたっても「世界の100人以上のエリートアスリートの声を聞き、機能構造を進化させた」(竹村周平Cプロジェクト部長)という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。