ファッション

「カルティエ」が“トリニティ”100周年を祝うイベントをパリで開催 「3」にちなんだ多彩な演出

カルティエ(CARTIER)」はこのほど、アイコンジュエリー“トリニティ”の100周年を祝うイベントをフランス・パリで開催した。ホワイトとイエロー、そしてピンクゴールドの3色のリングがスムーズに重なりあう“トリニティ”のように、イベントは随所で「3」にちなんだプログラムを用意。パリのイベントはニューヨークとロンドンに次ぐ3番目のイベントで、ゲストは3カ所に分かれたディナーを楽しんだ後でパーティ会場に集結。ラビリンスとシーラ、ディプロの3人によるユニットLSDがパリの夜を盛り上げた。世界各地で開いたイベント、それぞれのゲストが1カ所に集結という演出、そして男女混合で人種もさまざまなLSDのライブパフォーマンスなどで、3色のゴールドが渾然一体となって魅力を放つ“トリニティ”らしい多様性や融合などの価値観を訴えた。

パーティには、“トリニティ”のアンバサダーを務めるBLACKPINKのジス(Jisoo)、ジャクソン・ワン(Jackson Wang)やラビリンスら、さまざまなゲストが集った。

パーティに先駆け、パリでは100周年を祝う“トリニティ”の新作を発表した。リングやブレスレット、ネックレスなどバリエーション豊かに用意したのは、クッションシェイプのモデル。ラウンドシェイプの“トリニティ”同様、無駄を削ぎ落としたラインやスムーズな可動性はそのままに、幾何学的なアプローチで新しい“トリニティ”が誕生した。スリークな直線部分と、滑らかながら尖ってインパクトさえ放つ角の部分が、それぞれ違った印象を醸し出すのみならず、ラウンドシェイプ以上にジェンダーレスに楽しめそうなデザインだ。

また、2000年代にヒットしたXLサイズのブレスレットを復刻させるとともに、XLサイズのリングも発売。さらに、3つのリングをパズルのように組み合わせると1本のリングになるモジュール式の“トリニティ”も生み出している。

クッションシェイプとXLモデルは、2月9日に日本でも発売。モジュール式のリングは3月発売を予定している。

「カルティエ」は20世紀の初頭、ルイ(Louis)とピエール(Pierre)、そしてジャック(Jack)の3兄弟がパリのラペ通り、ニューヨークの五番街、そしてロンドンのニューボンドストリートに拠点を構え、いち早く国際的なブランドへと成長した。パリに構える本店は、ラペ通りの13番地。“トリニティ”を象徴する3と、「カルティエ」の関係性は深い。

3人は、たとえばルイは友人の飛行士アルベルト・サントス・デュモン(Alberto Santos Dumont)のために時計の“サントス”を生み出し、ロンドンでの経営を担ったジャックはインドのマハラジャと親交を深めてハイジュエリーの発展に尽力。ピエールは実業家や銀行家のみならず、多くのハリウッドやブロードウェイスターを虜にするなど、それぞれが「カルティエ」の発展に尽力した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。