ファッション

「サカイ」阿部千登勢が「カルティエ」との対話から生まれた“トリニティ フォー チトセ アベ オブ サカイ”全6モデルをパリコレで初披露

 阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナーは、3月7日にパリで行った2022-23年秋冬コレクションの中で、「カルティエ(CARTIER)」との対話から生まれた限定コレクション“トリニティ フォー チトセ アベ オブ サカイ(TRINITY FOR CHITOSE ABE OF SACAI)”を初披露した。

 同コレクションはリング(2モデル)、ブレスレット、ネックレス、イヤリング(2モデル)の全6モデルからなる。うちイヤリング1モデルは日本限定で、もう1モデルはリングとしても着用できる。“トリニティ”のデザインコードであるホワイト、イエロー、ピンク3色のゴールドの組み合わせはそのままに、シェープやねじれ、着用時のポジションなどに「サカイ」らしい解釈を加えた。今夏、日本で先行発売し、秋にはパリ、ロンドン、ニューヨーク、ソウルでも販売する。

 “トリニティ”は、1924年にルイ・カルティエ(Louis Cartier)がデザインした「カルティエ」のアイコンの一つ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら