ファッション

「サカイ」2022-23年秋冬のショーが19時から開催 「カルティエ」との対話から誕生した“トリニティ”限定コレクションをお披露目

 「サカイ(SACAI)」は7日パリ・ファッション・ウイークで、日本時間19時から2022-23年秋冬の新作コレクションと「カルティエ(CARTIER)」との対話から生まれた限定コレクション“トリニティ フォー チトセ アベ オブ サカイ(以下、トリニティ フォー サカイ)”をパリ市庁舎の会場で披露する。

 “トリニティ フォー サカイ”の出発点は、19年6月の「サカイ」のデザイナー兼ファウンダーである阿部千登勢とシリル・ヴィニュロン(Cyrille Vigneron)=カルティエ・インターナショナル プレジデント兼最高経営責任者(CEO)との対話。阿部は「カルティエ」のアイコンの一つである“トリニティ”の考察を始め、1年後に2種類のリング、ブレスレット、ネックレス、イヤリング(日本限定)の6つの限定コレクションが誕生した。彼女は、「“トリニティ”のストーリーの根幹にある “愛”“友情”“忠誠心”は、私の人生および『サカイ』のブランド哲学に通じるものだ」とコメント。ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3色の組み合わせはそのままに、シェープやねじれ、着用時の雰囲気など新たな解釈が加わり進化した。ヴィニュロンCEOは、「型にはまらず力強くも甘い、新しい3連のアートは、正に阿部のクリエイションそのもの」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら