ファッション

「ジル・サンダー」2015-16年秋冬メンズ パリアルンガ、メンズデビューに力強い想いを込める

 ウィメンズでは2015年春夏シーズンにデビューしたロドルフォ・パリアルンガ=「ジル・サンダー」クリエイティブ・ディレクターが、半年遅れで初のメンズを発表した。パリアルンガ初のメンズは、見た目に強い(でも肌触りや着心地は良い)素材を用い、思い切ったシルエット作りにトライ。素材の特性を生かしたフォルム作りと、そこに機能性を付加したクリエイションで合格点を大幅にクリアした印象だ。

 ファーストルックは、肉厚のカシミヤで作った丈が長めのワークブルゾン。ジャストウエストの位置で生地を思いっきりつまみ寄せ、まるで砂時計のようなフォルムを生み出した。しかし、その砂時計は、力でグイグイ押すイタリアンブランドのフォルムとは大きく異なっている。密度の高い生地を選んだとは言え、やはりカシミヤは柔らかい。砂時計のフォルムは、ふんわりウエストをマークするが、決して窮屈には見えない。裾をベルトで絞ることでテーパードに仕上げた、リラックスシルエットのパンツも全体を優しい雰囲気にまとめる名わき役だ。

 その後も出てくるのは、ウエストをギュッと絞ったピークドラペルのチェスターコート、袖をセットインしたサルトリア仕立てのタートルニット、レザーで作った漆黒のプルオーバーなど、聞く限りは逞しそうなアイテムばかり。しかし、同じくダブルフェイスのカシミヤで仕立てたり、ローゲージでふんわりまとめたり、ライナーにムース素材をボンディングしたりで、いずれも機能的で軽快。ロング&リーンなのにイージーという、理想のシルエットに到達した。

 思い切ったフォルムは、確固たる想いや自信の現れなのだろう。フィナーレで力強く片手を上げ挨拶したパリアルンガは、素地選びの段階からフォルムを描き、それを実現することができる人物のようだ。首回りのレイヤードや、裾に向かって細くなるテーパードシルエットのボトムスなど、トレンドにも敏感。アクセサリーのバリエーションが増えれば、パリアルンガの「ジル・サンダー」は、安定飛行状態に突入できそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら