ファッション

「トム フォード」2015年春夏ロンドンメンズ スーツの次はデニム‼︎「スレンダー」がトムの気分

 「トム フォード(TOM FORD)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、引き続きカジュアルを大プッシュ。自身が直接説明するプレゼンテーションで、トムは「今日、このショールームにはスーツやドレスシャツがほとんどない。フォーマルのビジネスは、とても大きくなった。今度はカジュアル。男性のあらゆる生活シーンをカバーしたい」と話し始めた。

 その核となるアイテムは、デニムだ。デニム生地は、日本もしくはアメリカ産で、縫製や加工はアメリカで行なう。3つのカットを用意したが、股上などが異なるスリムタイプばかり。「デニムをスレンダーに履きこなす男性は魅力的だ」とトム。

 デニムに合わせたのは、スエードで作ったGジャンタイプのアウターや、レザーの内ポケットを配したビッグボリュームのサファリコート、インディゴに染めたダンガリーやカシミヤスウェットなど。ジャケットには洗いをかけ、軽快にまとめている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら