ファッション

「バーバリー プローサム」2015年春夏ロンドンメンズ 40年代に潜む、見逃せない90年代のエレメント

 「バーバリー プローサム(BURBERRY PRORSUM)」の2015年春夏ロンドンメンズは、1940年代のブックカバーのタイポグラフィーなどにヒントを得た。紀行作家ブルース・チャトウィンのスタイルにインスパイアされたコレクションは、もちろんトレンチコートを筆頭に、フィールドジャケットやストールまで、旅に適したアイテムばかり。ナスのような色合いの強いパープルやターコイズ、プラム、ビリジアンなどのポジティブ&ボールドカラーを全面にのせ、ノスタルジックなスタイルを現代的かつポップに昇華していく。足元には、こうしたチアフル(楽しくなる)カラーをブロッキングしたスニーカー。過去のアーカイブだけにとらわれず、インスピレーション源を、現在を含めたイギリス全般に広げたクリストファー・ベイリーならではのアイテムだ。

 アクセサリーは、ブックカバーに描かれたタイポグラフィーをのせた大容量のハンドルバッグやノートブック、ストール、それにチューリップハット。ウエアと同じカラーでまとめている。

 イギリスに刺激をえるという独自のスタンスをとるため、「バーバリー プローサム」は、時にトレンドとは異なる提案が目立つ時もある。今回も一見すると、レイヤードは少なく、カラーリングもポップ。アイテムを重ねつつ、ブラックを基本とするモノトーンでミニマルにまとめるブランドが多い15年春夏のトレンドとは一線を隠しているかのようだ。

 しかしポップとはいえ、1つのスタイルは1色にまとめたモノトーンは、90年代に通じると言えなくもない。カシミヤやリネン同様に多用したデニムは、耐久性に優れた旅向きの素材として選ばれたが、これも90年代を思わせる。アイデンティティとトレンドが巧みに交差した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら