ファッション
特集 2024年春夏メンズトレンド

2024年春夏パリメンズ海外バイヤー評 「ジャケット&短パン」ルックが席巻【2024年春夏メンズトレンド】

有料会員限定記事

2024年春夏パリ・メンズ・ファッション・ウイークで最も注目を集めたのは、間違いなくファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)新メンズ・クリエイティブ・ディレクターによる「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のデビューコレクションだろう。パワフルで華やかなショーそのままに、“映える”スタイルも多かったが、ウエアそのものは上質でシンプル。バイヤーの人気が高かった「ディオール(DIOR)」「ロエベ(LOEWE)」「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」も、上質な素材使い。シンプルでありながらもシルエットのアレンジが効いていたり、ウィメンズの柔らかさを取り入れたりしたフリュイドアイテムが多かった。ここでは、有力小売店のバイヤーが注目するトレンドと、マストアイテムを紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月31日号からの抜粋です)

ブルーミングデールズ

ジャスティン・バーコウィッツ=メンズ・ファッション・ディレクター

トレンドを一言で表現すれば、肌見せ。ショートパンツはさらに短くなり、腕はノースリーブ、メッシュや透け感のあるシャツなど、とにかく肌を見せるが勝ちという雰囲気だ。それに加えて、メンズではこれまであまり見られなかったひらひらとした加工やきらきら輝く飾りが付いたアイテムが目立ち、総じてフリュイドでセンシュアルなコレクションが多かった。こうした先進的なコンセプトの大半はストリートウエア由来するものだが、来春にはより幅広い層に受け入れられるだろう。

個人的に好きだったのは、「ルイ・ヴィトン」「ドリス ヴァン ノッテン」「リック・オウエンス(RICK OWENS)」「ルメール(LEMAIRE)」「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」のコレクション。

マストアイテム

ファレルによる新生「ルイ・ヴィトン」のバッグは、すでにアイコンと言っていいだろう。レザー製のショッピングバッグは天才的だと思う。

この続きを読むには…
残り2506⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。