紙面紹介

売れるスーツの“かわいい”進化 2024年春夏メンズトレンド

7月31日号の「WWDJAPAN」は、2024年春夏メンズ・コレクション第2弾です。24年春夏シーズンの傾向をスタイルやアイテム別に紹介し、バイヤーの意見も交えながら売れるトレンドを分析します。華々しい装飾やプリントをそぎ落とした「クワイエット・ラグジュアリー」時代に、消費者の心を捉えるメンズアイテムのキーワードは“流動と交差”です。

ここ数年続いているスーツの再解釈は、今シーズン劇的に進化しようとしています。24年春夏で最も大きな流れは、女性服の柔らかさやしなやかさを、最もベーシックな男性服であるスーツに取り入れたクリエイションです。性差を交差させた流動的なフォームのスーツは、かっこよくもあり、かわいくもあります。そんな最新スーツの潮流を、ジャケットとパンツ、カラー、テキスタイルの4つに分けて分析します。

有力店バイヤーが最高得点をつけたトレンドは

さらに、スーツ以外の6つのトレンドや、国内外の有力店バイヤーがそのトレンドを10点満点で採点する人気企画も掲載します。マーケットのニーズを熟知した業界人が、最も売れると採点したアイテム・スタイルは何だったのでしょうか。そして、海外のバイヤーによるパリ・メンズ・コレクションのレビューも掲載します。特に高い評価を集めた「ディオール」「ロエベ」「ドリス ヴァン ノッテン」は、何が良かったのでしょうか。

24-25年秋冬シーズンの流行を予測するなら、テキスタイル見本市「ミラノ・ウニカ」の現地リポートをご覧ください。テキスタイルの大きな傾向を3つのテーマに分け、記者の解説や「ミラノ・ウニカ」会長のインタビューと共に紹介します。巻末連載のファッション&ビューティパトロールでは、「万引き家族」「ミッドサマー」など人気作の映画ポスターを手掛ける大島依提亜アートディレクターにインタビューを実施。ポスター制作の裏話やファッションとの関係性について聞きました。

“リファカラットレイ”を1名様にプレゼント

「WWDJAPAN」Weekly 7月31日号では、アンケートにお答えいただいた方から抽選で、「リファ」の人気美顔器“リファカラットレイ”(2万9840円相当)を1名様にプレゼント。詳細は、16ページをご確認ください。

■回答期間
〜8月7日(月)10:00

CONTENTS

FEATURE

  • 次世代スーツ攻略のカギは流動性と交差性 2024年春夏メンズトレンド

FOCUS

  • 素材見本市「ミラノ・ウニカ」リポート 2024-25年秋冬テキスタイルトレンドは3D、光沢、ビンテージ感

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:「ジャケット&短パン」ルックが席巻、24年春夏パリ・メンズ海外バイヤー評
  • ミステリーショッパーが行く!:ユニクロ銀座店

EDITORS’ LETTER

  • 増えた!?男性のノースリーブ(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:かわいいの融合がメンズを面白くする? (大塚千践 /副編集長、井上エリ/ライター)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • 名物デザイナーが語る知られざる映画ポスターの世界

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。