紙面紹介

「地球に優しい」ではもはや消費者は納得しない 服作りはたどる・見せるが新常識

8月7&14日号の「WWDJAPAN」サステナビリティ特集は、トレーサビリティーに焦点を当てます。トレーサビリティーとは、製品の原材料から製品化、消費、廃棄までの全ての工程を追跡することを指します。

サステナビリティの取り組みは、エビデンスが求められるフェーズに入りました。「地球に優しい」ではもはや消費者は納得しません。サプライチェーンを透明化し、自社のビジネスがどこにどれだけの負荷をかけているのかに向き合うことで、サステナビリティを実体を持って語ることができると思います。もちろん、分業体制でコストを抑え、スピーディーな生産体制を構築してきたアパレル産業にとって、透明性の追求はハードルが非常に高い。生産背景は競合を意識し隠すことが当たり前でした。しかし、その1着が作られるまでに関わる全ての人々の生活や土地にとってベターな選択を重ねていかないことには、持続可能な業界の理想像は描けません。

ファストリ、「H&M」、良品計画の戦略は

特集ではまず、「長くて複雑」と言われるサプライチェーンを図解することから始めました。1枚の無地のTシャツには、なんと40もの工程があります。アパレル関係者でも服ができるまでを実はよくわかっていない、という人は多いのではないでしょうか。今目の前にあるその1着の背景を想像し、それぞれの立場で持続可能な未来を想像するきっかけになってほしいという思いを込めました。表紙は、フォトグラファーの大原敏政さんの撮影で、Tシャツがたどってきた背景ストーリーを表現してもらいました。

また、昨年フランスで施行された「循環型経済のための廃棄物対策法」や「持続可能な製品のためのエコデザイン規制」など、消費者が環境に配慮した消費行動を選択できるよう情報開示を求める法規制は着々と進んでおり、グローバル企業は喫緊の課題として対応を進めています。ファーストリテイリング、H&M ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン、良品計画の戦略について取材しました。また、このほど来日した「グッチ(GUCCI)」の親会社ケリング(KERING)のチーフ・サステナビリティ・オフィサーは、ラグジュアリーブランドにとってのサステナビリティについて語ります。そのほか、豊島、ユナイテッドアローズ、ファッションレボリューションジャパンという異なる立場の3社でトレーサビリティーの理想と現実を語った鼎談や、新たなソリューションを提供する注目スタートアップ企業も紹介します。

インスタマスター、木村麗さんによる新連載も

国内のニュースページでは、セブン&アイ・ホールディングスによるそごう・西武の売却問題について掘り下げます。そごう・西武労働組合が雇用維持などの懸念からストライキ権を確立し「泥沼化」している現状を整理しました。

「ビューティ・インサイト」では、「世界のビューティ企業ランキングTOP100」で明らかになった、急成長中のあのプチプラブランドについて、矢野貴久子・アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長が解説します。本号から元販売員で、SNSのコンサルティングなどを手掛ける木村麗さんによる新連載も始まります。木村さんによるインスタグラム攻略法は必読です。巻末連載では、メンズコスメ担当記者によるおすすめ韓国コスメを紹介します。

(COVER CREDIT)
PHOTO:TOSHIMASA OHARA (AOSORA)
SPECIAL THANKS:FASHION REVOLUTION

CONTENTS

FEATURE

  • 服づくりはたどる・見せるが新常識 トレーサビリティーに向き合う時が来た

FOCUS

  • そごう・西武売却「泥沼化」のなぜ
  • マリー=クレール・ダヴーCSOが来日、大いに語る 加速するケリングのサステナビリティ

SERIES

  • OVERSEAS NEWS米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:「グッチ」の親会社ケリング「ヴァレンティノ」の株式30%を取得、他
  • 新連載:全国1万人の販売員への伝道師 木村麗のInstagram攻略法
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.130 プチプラだけど硬派、E.L.F.ビューティが強い理由(矢野貴久子・アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長)
  • アトモスCEO・本明秀文のノット スニーカーライフ:Vol.127 社長の報酬

EDITOR’S LETTER

  • コスメの受注販売は成功するのか?(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:ネガもポジも明かしていこう!(向千鶴/編集統括・サステナビリティ・ディレクター、木村和花/記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • メンズコスメ担当記者が自腹で検証 韓国お土産コスメ ノムチョア!な逸品たち

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。