ビジネス

バーチャルヒューマンimma所属のアウが、3Dvtuber美姫仁奈にきびを発表 初配信でマイナンバーカードや下着、預金残高を公開

バーチャルヒューマンのimmaやRiaのプロデュースを行うアウ(Aww Inc.)は、新たなバーチャルヒューマンのスターを生み出すプロジェクト“あのめ(ANOME)”を立ち上げた。6月18日、“あのめ”所属1人目のバーチャルヒューマンとして、3Dvtuber美姫仁奈にきび(びきになにきび)がデビューし、初YouTube配信を実施。最先端の3DCG技術と配信技術を用いてリアルタイムのコミュニケーションを行った。

初配信では、視聴者からのコメントやツイッターで寄せられた質問に答えた。まず美姫仁奈にきびという名前の由来について問われると、「髪型がにきびみたいだから」とコメント。また“中の人”が現在22歳、女性であることを証明するために、マイナンバーカードや日頃着用している下着を公開したほか、「お金持ちと思われたくない」と通帳の預金残高を披露。さらに配信時の服装について「黒い下着か全裸が調子良い。今も裸」とぶっちゃけた。リアルでかわいらしいルックスに反して、何でもオープンに暴露するキャラクター性が好評で、視聴者からも「初配信おめでとう」「これからも期待してる」と反響を得た。今後はゲームコンテンツを中心に、YouTube、TikTok、Twitchなどで配信活動を行う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。