ファッション

メタバース×ファッション、5年後の高いポテンシャルを引き出すカギはビジネスシーンでの普及!?【展望2023】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」は、11のトピックスから2023年を大胆予測する。トピックスは、デザイナーの就任・退任劇、国内トレンド、国内アパレル、海外ニュース、次世代富裕層、メタバース、スポーツ、サステナビリティ、Z世代、ビューティ業界のM&A、そしてヘアカラー。次世代富裕層以降のキーワードは、いずれも22年までに急速に広がり、ビジネスを語る上で欠かせないトピックスとなった(この記事は「WWDJAPAN」2023年1月2&9日合併号の抜粋です)。


横山泰明編集部記者(以下、横山):2021年後半くらいからNFTも盛り上がっていて、ときにはメタバースとNFTが一緒くたになったりして22年の上半期は盛り上がっていたと感じている。「WWDJAPAN.com」を見てみると、【メタバース】というタグを作ったのが22年初めだったんだと思うが、1月11日のものが1つ目。ウイークリーでも6月6日号に特集を組んだ。小田島さんは振り返ってみると、どうだった?

小田島千春副編集長(以下、小田島):年の前半は盛り上がっている感があったが、後半になって仮想通貨の暴落があって、NFTバブルが崩壊したり、コロナ収束で旅行をはじめフィジカルな活動が復活して、世間的な関心の度合いは下がったなぁというのが実感。でもアダストリアがプレーヤーとして参入してきたり、海外もナイキやラグジュアリーブランドを中心にニュースは増え続けていて、やはりここへの投資・参入の動きは衰えてない。

メタバースの可能性、あるいはメタバースが変えるもの

小田島:1年を振り返って一番印象的だったニュースや取材は?

横山:一番印象に残っているのは、「ゼペット」の取材で聞いた話。「ゼペット」は全世界に3.5億人(取材時点だと2.9億人)のユーザーを抱えて、その大半がZ世代なのだが、彼ら/彼女らは「アバター」を介したコミュニケーションが当たり前になりつつある、と指摘していた。これにはけっこうショックを受けた。メタバースの本質的な役割の一つってコミュニケーション、あるいはコミュニケーションのためのプラットフォームみたいなものだと思うので、Z世代はメタバースプラットフォームでのコミュニケーションにほぼハードルを感じない、ということなのか。

小田島:23年は「ゼペット」に日本のブランドも加わるのではないかと期待している。

 

課題と今後は?

横山:でもコミュニケーションという面で考えると、ビジネスの現場でメタバースを使う、みたいなことは現時点ではない。物販も含めても、メタバースでモノを売買する、ということもまだ一般的ではない。

この続きを読むには…
残り1120⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。