ファッション

ディズニーからバーチャルヒューマンがデビュー immaプロデュース会社と制作

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、バーチャルヒューマンのimmaやplusticboy、Riaらをプロデュースするアジア初のバーチャルヒューマン会社「アウ(Aww)」の協力を得て、“バーチャルガールプロジェクト”をスタートさせる。10月23日にバーチャルガールのElla(エラ)を公開し、同日インスタグラム(@ella.imagination)を皮切りに活動を開始した。

 Ellaはアウのバーチャルヒューマン技術“マスターモデル(MASTER MODEL)”を用いて制作されている。リアルとバーチャルを認識できないほどの精度の高さで、immaらと同様、人間と見間違うほどだ。

 Ellaは「みなさんはじめまして!Ellaです。楽しい事や、かわいいもの、そしてディズニーが大好きです。これから皆さんと一緒に新しい世界を発見していけると思うと、とってもわくわくしています。よろしくお願いします」とコメント。

 今後の活動については明らかにしていないが、まずはインスタグラムで彼女自身やディズニーの情報などを発信していくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら