ファッション

「エモダ」がオリジナルのバーチャルモデル「Emo」を公開 スタッフ100人の“盛り顔”から誕生

 「エモダ(EMODA)」はこの程、スタッフ100人の“盛り顔”から生まれたバーチャルモデルEmoを公開した。

 “これからの「エモダ」を、これからのカルチャーを、みんなで作っていこう”をテーマに、コーディネイトをファンと作り上げる“未完成”のバーチャルモデルを発表。

 デビューに向けたEmoのコーディネイトを募集するオンラインの参加型イベントは10月23~25日に開催する。特設サイトから1人1回の参加で、計150コーデを募集。募集人数に達し次第、受付を終了する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら