ファッション

世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」に伊勢丹新宿や「ウィゴー」が出店

 世界最大級のバーチャルリアリティ(VR)イベント「バーチャルマーケット」が4月29日〜5月10日に開催され、マーケット内の仮想都市「パラリアルトーキョー」に伊勢丹新宿本店と「ウィゴー(WEGO)」が出店する。
 
 再現された伊勢丹新宿店では、メンズブランド「ミノトール(MINOTAUR)」が実在の商品や3Dデータを販売。また、伊勢丹のタータンチェックの紙袋の3Dデータも無料配布する。

 「ウィゴー」では実際のアイテムをもとにしたアバター用の衣装を販売。リモートワークでショップスタッフがアバターを操作して接客を行う。

 HIKKYが主催する「バーチャルマーケット」は今回で4回目。バーチャル空間で買い物をしたり、乗り物に乗ったり、映像を見たり、同じ空間にいる人とコミュニケーションも楽しめるというもの。東京をモチーフにした「パラリアルトーキョー」では東京駅や東京タワーなどのランドマークも再現され、さまざまな企業が店舗を出している。VRゴーグルやパソコンでの参加が可能で、昨年の第3回イベントには71万人が入場した。

 今回は、伊勢丹新宿本店、「ウィゴー」のほか、ソフトバンクやネットフリックスなどが出店。全36会場に企業約40社、一般クリエイター約1400サークルが参加し、100万人の入場を想定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら