ファッション

世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」に伊勢丹新宿や「ウィゴー」が出店

 世界最大級のバーチャルリアリティ(VR)イベント「バーチャルマーケット」が4月29日〜5月10日に開催され、マーケット内の仮想都市「パラリアルトーキョー」に伊勢丹新宿本店と「ウィゴー(WEGO)」が出店する。
 
 再現された伊勢丹新宿店では、メンズブランド「ミノトール(MINOTAUR)」が実在の商品や3Dデータを販売。また、伊勢丹のタータンチェックの紙袋の3Dデータも無料配布する。

 「ウィゴー」では実際のアイテムをもとにしたアバター用の衣装を販売。リモートワークでショップスタッフがアバターを操作して接客を行う。

 HIKKYが主催する「バーチャルマーケット」は今回で4回目。バーチャル空間で買い物をしたり、乗り物に乗ったり、映像を見たり、同じ空間にいる人とコミュニケーションも楽しめるというもの。東京をモチーフにした「パラリアルトーキョー」では東京駅や東京タワーなどのランドマークも再現され、さまざまな企業が店舗を出している。VRゴーグルやパソコンでの参加が可能で、昨年の第3回イベントには71万人が入場した。

 今回は、伊勢丹新宿本店、「ウィゴー」のほか、ソフトバンクやネットフリックスなどが出店。全36会場に企業約40社、一般クリエイター約1400サークルが参加し、100万人の入場を想定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。