ファッション

世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット」に伊勢丹新宿や「ウィゴー」が出店

 世界最大級のバーチャルリアリティ(VR)イベント「バーチャルマーケット」が4月29日〜5月10日に開催され、マーケット内の仮想都市「パラリアルトーキョー」に伊勢丹新宿本店と「ウィゴー(WEGO)」が出店する。
 
 再現された伊勢丹新宿店では、メンズブランド「ミノトール(MINOTAUR)」が実在の商品や3Dデータを販売。また、伊勢丹のタータンチェックの紙袋の3Dデータも無料配布する。

 「ウィゴー」では実際のアイテムをもとにしたアバター用の衣装を販売。リモートワークでショップスタッフがアバターを操作して接客を行う。

 HIKKYが主催する「バーチャルマーケット」は今回で4回目。バーチャル空間で買い物をしたり、乗り物に乗ったり、映像を見たり、同じ空間にいる人とコミュニケーションも楽しめるというもの。東京をモチーフにした「パラリアルトーキョー」では東京駅や東京タワーなどのランドマークも再現され、さまざまな企業が店舗を出している。VRゴーグルやパソコンでの参加が可能で、昨年の第3回イベントには71万人が入場した。

 今回は、伊勢丹新宿本店、「ウィゴー」のほか、ソフトバンクやネットフリックスなどが出店。全36会場に企業約40社、一般クリエイター約1400サークルが参加し、100万人の入場を想定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら