ファッション

「マンハッタンポーテージ」が大人向けライン専門店を六本木ヒルズに

 「マンハッタンポーテージ(MANHATTAN PORTAGE)」は4月13日から7月31日まで、35歳〜40代の男性をメーンターゲットにした高級ライン“ブラックレーベル(BLACK LABEL)”のみを扱う期間限定店を六本木ヒルズ ウエストウォーク4階に開く。メンズブランド「ミノトール(MINOTAUR)」の跡地で、店舗面積は62平方メートル。同ラインは現在、「マンハッタンポーテージ」直営店4店舗と伊勢丹新宿本店メンズ館のみで取り扱われており、単独店の展開はこれが初めてになる。

 白と黒を基調にした店内には、カジュアルからビジネスまで幅広いシーンに対応する黒をベースにしたメッセンジャーバッグやバックパック、トートバッグ、ブリーフケースなどを取りそろえる。同ラインの特徴は、マットなPVCや黒色のリフレクターテープをデザインに取り入れ、ブランドのアイデンティティーをより洗練された形で表現していること。マジックテープの代わりにマグネットボタンを用いたり、さまざまなサイズのポケットを備えたりと、よりスマートな使い勝手を意識したデザインになっているのもポイントだ。オープン記念の限定商品として、オールブラックで迷彩状の模様を描いたメッセンジャーバッグ(1万6000円)とバックパック(3万3000円)も用意する。

 出店の経緯について、同社は「“ブラックレーベル”はアーバンスタイルなデザインと機能性が特徴であり、六本木というオフィスや商業施設、住宅スペースを併せ持った都市での生活者はまさにターゲットと重なる部分が多く出店を決めた」とコメント。今後は“ブラックレーベル”専門の常設店出店を視野に入れる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら