ファッション

「ジル・サンダー」2017年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

REPORT

ミニマルに削ぎ落とされた中に垣間見える機能美

ロドルフォ・パリアルンガによる「ジル・サンダー」は、昨シーズンよりも更にミニマルに、一方でストイックというよりはむしろ、ナチュラルかつリラックスしたムードで幕を開けた。ロドルフォがメンズのベースとするユニフォーム、ワークやミリタリー、シンプルなテーラリングのスーツは、まるでポプリンのように薄くて軽く、レザーも触るまでもないくらいに極薄。比翼でシンプルに仕上げたり、ごくごく薄い生成り色やアイスグレー、ベージュで爽やかにまとめたり、軽い素材の特性を活かすディテールとカラーリングも心地よい。

 シルエットは、袖がすっぽりと隠れるほどオーバーサイズのトレンチコートや、ボックスシルエットのショートブルゾンに大振りなポケットを配したり、レザーブルゾンはスナップボタンで開閉したりなど、少しひねりを利かせた機能美が特徴だ。

 色や柄は、極めて控えめなシーズンだ。紅一点のような存在の、マンダリンオレンジを除けば、色は薄いパステル程度。ただそれを、グラデーションにしたり、同じトーンでフラワーモチーフを描いたり、単調には終わらない。ドラマには欠けたが、いずれも「ジル・サンダー」らしいクリーンで安定したコレクションだ。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら