ファッション
特集 売り場から始めるサステナ実践例

「無印良品」京都山科に見る地域密着型循環店舗のつくり方【売り場から始めるサステナ実践例】

有料会員限定記事

良品計画は「地域への土着化」や「日常生活の基本を担う」ことを目指し、地域店舗に権限を移して個店経営を進めている。食の地産地消やローカルサプライチェーン構築にも力を入れており、こうした取り組みが店頭で色濃く見えるのが「無印良品」京都山科だ。地域の人を巻き込んだ取り組みが多く、訪れた人が自然に循環を体験できるユニークな店舗だ。「食べる・見つける・買う」をコンセプトに、3層構造の売り場では無印良品の標準的な品ぞろえに加え、野菜や肉、魚、惣菜、グロサリーなど、食に関する商材全般を取り扱う。(この特集は「WWDBEAUTY」2023年5月29日号からの抜粋です)

地域を巻き込む“循環”ポイントは大きく三つある。一つ目は、不用品をごみではなく資源として循環させる機能を持つ点。これは「無印良品」全体が取り組むことだが、山科店は回収した製品が新たな形に生まれ変わる点を店頭やインスタグラムなどで発信し、認知を広げている。二つ目は地元生産者による生鮮食品がそろう点。生鮮食品の約4割が生産者から直接届く。約50の近隣農家と契約し、常時20~30の生産者の野菜が並ぶ。複数のテナントと協業して生鮮や惣菜を含む食の専門売り場を運営する。三つ目は、地元食材を生かした京都山科店独自の開発商品がある点。例えば京都・美山牛乳を活用し、大正14年創業の京都の洋食屋「スター食堂」と開発した“美山牛乳とマスカルポーネのコーンポタージュ”や、京都・山科に工場を構えるソース屋「オジカソース工業」と協業した京都・水尾のユズを用いた“柚子ぼん酢”などだ。

この続きを読むには…
残り3341⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。