ファッション

山好きが足しげく通うオーダーメイドのバックパック店 南アルプスの麓「ブルーパー バックパックス」

有料会員限定記事

南アルプスの麓、静岡・川根本町の「ブルーパー バックパックス(BLOOPER BACK PACKS)」はオーダーメイドのバックパック専門店だ。店主の植田徹さんが一つ一つハンドメイドするバックパックは、他にないデザインと確かな機能性で、過酷な山岳アドベンチャーレース出場者にも愛用者が多い。一般の愛好家の間にも評判が徐々に広まり、2〜3カ月の納品待ちが続いている。(この記事は「WWDJAPAN」5月8日号から転載・加筆しています)

バックパックは容量15~45Lをベースに、生地やファスナー、ベルト、ポケットなどをカスタマイズできる。価格は2万円から、フルカスタムで6万円程度だ。オンラインで注文も受けてはいるが、半数以上は店舗での受注という。植田さんは客の体形や背負い心地だけでなく、どんな山に、どんな目的で登るかまでヒアリングし、図面に反映する。一つ一つのパーツは全て植田さんが自作し組み立てる。製作できるバックパックは1日に2つが限度だ。ただ、「人を新しく雇ったりパーツを外注したりするつもりは全くない」という。「ビジネスを大きくしたいというビジョンがありません。こんな山奥に店を構え、一人粛々とザックを作り続ける。このこと自体が僕の“メッセージ”だからです」。

小さな工房で、ずっと作り続けたい

この続きを読むには…
残り850⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。