ファッション
連載 エディターズレター:IN FASHION

過渡期のサステナビリティ。企業の関心は「ある、なし」で2極化【エディターズレター:IN FASHION】

有料会員限定記事
※この記事は2023年04月11日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

 先週開催された合同展示会「ファッションワールド 東京2023春」を取材し、出展社や来場者の声を聞く中で、ファッション産業×サステナビリティの関係は一つの段階を終え、新しい局面を迎えていることを実感しました。

 簡単に言うと、“サステナブーム”は一段落した印象です。ファッションビジネスにとって新しい分野である“サステナビリティ”はここ数年、「それが何であるか」と言う好奇心や「取り組まないといけないらしい」危機感、コロナ下での生活・ビジネス環境変化などが相まってちょっとしたブームが起きました。そして再び消費が動き出した今、業界の関心も再び「売れるもの」へ向かっています。その結果、サステナビリティへの関心&アクションは「ある人と、ない人。ある企業とない企業」で分かれつつあります。一過性のトレンドとしてサステナビリティを捉えていた人たちは早くも退場、の気運です。

この続きを読むには…
残り917⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。