ファッション

阪急うめだ本店のサステナ売り場に「ステラ」「プラダ」「ロエベ」 4月開業

 阪急阪神百貨店は、阪急うめだ本店に4月12日オープンする新ゾーン「グリーンエイジ(GREEN AGE)」の詳細を発表した。8階フロア中央の約2300平方メートルに“人と自然の共生”をコンセプトに掲げ、ファッション、食、雑貨、ビューティなど約40ブランドを集積する。「ザ・ノース・フェイス」「サタデーズNYC」などのスポーツ系ブランドから「ステラ マッカートニー」の新コンセプトショップ、「プラダ」「ロエベ」「ミュウミュウ」「クロエ」といったラグジュアリーブランドまで、百貨店のフロア構成では一緒に並ぶことのなかった顔ぶれが共存する。循環型社会の実現を目指した新サービスも随所で行う。

 目玉の一つである「ステラ マッカートニー」の新コンセプトショップ「ステラズ ワールド バイ ステラ マッカートニー」(5月17日オープン)は、阪急うめだ本店と共同開発した実験型コンセプトストア。ビーガン、ベジタリアンのメニューを提供するカフェに、サステナブルな素材で作られたオリジナルアイテムを販売する売り場を併設する。

 「ロエベ」は「ロエベ リクラフト」の屋号で自社の革製品の修理と補修を行うとともに、余剰レザーから作ったバスケットバッグなど独自商品を販売する。「ミュウミュウ」「プラダ」もサステナブルな商品を多数そろえる。

 スポーツ系、ファッション系ブランドも充実しており、「メゾンキツネ」「ニュートラルワークス.」「ザ・ノース・フェイス」「サタデーズNYC」「ウィンダンシー」などが並ぶ。

 他にも自主編集売り場「グリーンエイジエディット」には、電動アシスト機能を搭載したスポーツ自転車やカヤックを並べる。コンシェルジュサービス「リ コンシェルジュ」ではアウトドア用品のレンタル、不用品の下取りやリユース商品の販売、持ち込まれた製品の修理やリメークなどを行う。さまざまなイベントなどを実施するスペース「コミュニティパーク」も設ける。

 売り場の内装もサステナブルを掲げており、間伐材を積極的に使うほか、廃棄予定だった衣料をアップサイクルして作った椅子を置く。部品の組み合わせでさまざまな用途に対応できるモジュール什器も導入し、レイアウト変更の際の無駄を省く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。