ファッション

春到来でオケージョン商品好調 ユニクロ、アダストリア、ユナイテッドアローズ2月度は20%増超え

 専門店チェーン、セレクトショップの2023年2月度売上高(既存店ベース)は、10日前後から気温が急上昇したことにより、各社で春物が好調に動き出した。入卒対応など、オケージョンシーン向け商品が売れ筋となり、客単価も上昇している。

 国内ユニクロは前年同月比21.3%増。寒さが厳しかった昨年2月が同14.0%減と落としていたという面はあるが、テレビCMで打ち出している“タックワイドパンツ”のほか、“感動ジャケット”“感動パンツ”、ユーティリティーブルゾンなど、「春物の高単価商品がプロパーでしっかり売れている」(広報担当者)。客単価は同16.8%増。スプリングニットやシャツなども売れ筋となっている。

 良品計画の「無印良品」は、同8.6%減と9カ月連続の前年割れだが、22年秋からテコ入れを進めている衣服・雑貨に限れば同3.9%増(前年は同14.5%減)。4カ月ぶりに前年実績を超えた。気温上昇で「春物衣料を中心に好調に推移」(発表資料から)した。今春値上げしている生活雑貨は、値上げ前の駆け込み購入の反動で同16.7%減。

 しまむらの「ファッションセンターしまむら」は同112.2%増。同社は1月21日〜2月20日集計のため、1月下旬の気温低下により、冬物が好調。暖かくなるのに伴い、シャツやジーンズなどの春物も動いた。

 アダストリアも同24.8%増と大幅増。「1月30日〜2月5日に自社ECで1000円オフクーポンを配信したことも寄与したが、月の中〜下旬にかけては春物がプロパー価格でしっかり売れた」と広報担当者。売れ筋はセレモニーにも対応できるジャケットや、ブラウスとパンツのセットアップなど。21日にECで発売した「フォーエバー21(FOREVER 21)」は「予定通りで堅調な滑り出し」という。

 ユナイテッドアローズも同25.3%増。メンズスーツやウィメンズのセットアップ、ブラウスなど、「ビジネス、フォーマルアイテムが好調だったことに加え、気温上昇でカジュアルウエアのニーズも活発化した」(発表資料から)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。