ファッション

“メタバーキン”訴訟が大詰め 「エルメス」がNFT計画を証言

 「エルメス(HERMES)」の“バーキン(Birkin)”を模したNFTアート“メタバーキン(MetaBirkins)”の商標権侵害などを巡る裁判の中で、「エルメス」は“メタバーキン”がブランドのNFT計画に悪影響を与えたと主張し、その計画の一部を明かした。

 “H LAB”と呼ばれる「エルメス」のイノベーションラボの責任者であるマクシミリアン・ムーラン(Maximilien Moulin)によると、同社は2019年12月からNFTの調査を開始し、製品の認証やプライベートイベントおよび限定サービスへのアクセス、ゲームの中で使用するハンドバッグをはじめとするバーチャルアイテムなどに使用する可能性を探っていたという。またムーランは、21年10月には “バーキン”のレプリカをデジタル上で作成し、プロトタイプとして社内で共有したが外部には一度も公開しなかったことや、話す馬のNFTアートも開発中だったことを証言した。さらに、“メタバーキン”が「エルメス」のNFT計画をどのように妨害したかについて、「人々を混乱させる可能性がある」と述べた。

 メイソン・ロスチャイルド(Mason Rothschild)は「エルメス」の“バーキン”に類似したバッグをデジタル上で100個製作し、NFTマーケットプレイスの「オープンシー(OpenSea)」上で販売。訴状の中で「エルメス」は、ロスチャイルドが「一般名称である“メタ(meta)” を足すことで『エルメス』の“バーキン”という著名な商標を略奪し、一攫千金を狙っている」と述べている。これに対してロスチャイルドは、自身のインスタグラムアカウントで、問題となっているバッグはアートだと主張。「私は偽物のバーキンを作っているわけでも販売しているわけでもなく、ファーで覆われた想像上のバーキンを描いたアート作品を作ったにすぎない。アメリカ合衆国憲法修正第1条がアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)に『キャンベル(CAMPBELL)』のスープ缶を描いた作品を作って売る権利を認めているように、バーキンのバッグを描いた作品を作って売る権利を私に認めていると、私の弁護士は言っている」と述べている。

 “メタバーキン”は当初、約450ドル(約5万9000円)相当で販売され、その後、一部のアイテムは数万ドル(約260万円以上)で転売されているという。

 本件訴訟は、近日中にも判決が出る見通しだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。