ファッション

「プラダ」も取り入れたトークンのこれから ランウエイのお客さまはNFTホルダー

有料会員限定記事

 「グッチ」や「プラダ」をはじめとするハイブランドは最近、NFT(非代替性トークン)ホルダーを特別に招待するファッションショーやイベントを開催している。「トークン・ゲーティング」と呼ばれる、前衛的な取り組みだ。(この記事はWWDジャパン2022年10月24日号からの抜粋です)

 フランスのNFTプラットフォーム、アリアーヌのピエール・ニコラ・ヒュルステル最高経営責任者(CEO)によると、「トークン・ゲーティング」は来年に向けて、さらに増えていくという。アリアーヌはすでに複数回、パリ・ファッション・ウィークでNFTホルダーを招待。「プラダ」や「ジェイソン ウー」は、9月のファッションウイークのチケットをトークンに加え、「グッチ」はNFTシリーズの「スーパーグッチ」と「グッチグレイル」のホルダーに向けて、6月にニューヨークでカクテルを振る舞った。アリアーヌは9月と来年1〜3月のファッション・ウィークで、NFTホルダー限定の体験を提供すべくブランドとの協業を進めている。「NFTは、ブランドが体験をつくり出す上での基盤であり、心強い下支えだ」とヒュルステルCEOは言う。

 ファッションウイークを取り巻くNFTコミュニティーは季節ごとに数を増し、ブランド側はその中からコミュニティーを選び、「トークン・ゲーティング」している。デジタルの世界では参加履歴の閲覧も可能で、ブランドはユーザーの「トークン・ゲーティング」への参加履歴をチェック。一方のユーザーは、その履歴を誇っている。こうしてブランド側は、オンラインと現実世界の差を解消する方法を見つけながら、NFTコミュニティーを発展させるのだ。ヒュルステルCEOは、「オンとオフの比較・検証は、バブルに似た状態にあるNFTの世界で冷静に立ち居振舞う上でも有益」と話す。

この続きを読むには…
残り2215⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。